おゆみ野の炭一ラーメンで竹岡式ブラック醤油味を初めて食べてみました

ラーメン
スポンサーリンク

朝一番で千葉駅付近での建物検査仕事を終え、午後からの検査仕事に向け、緑区に車を走らせました

仕事の合間にランチを取るべく、事前に調べていたおゆみ野の 炭一ラーメン へと向かうために

いわゆる、竹岡式といわれる黒いスープが特徴のラーメンを食べさせてくれるとのこと、初めて竹岡ラーメンを食べる機会に恵まれました

ご主人は、東金のぐうらーめん出身とのこと、なかなかそちら方面に行く機会がないので、千葉ブラックを食べられる貴重な機会かもしれません

富山ブラックであれば、秋葉原で食べたことはあったのですが

秋葉原のヨドバシで麺家いろはの富山ブラックラーメンを初めて食べてみた
麺家いろは さんという富山ブラックラーメンの有名店があるということなので、お盆休みを利用して伺うことにしました

カーナビに導かれ、11時10分頃にお店に到着しました。

お店の裏に広めの共同駐車場がありました

が、パッと見、お店の前には駐車場はありません

一度、車を停車して周囲を見てみると、お店の裏に共同駐車場があるとのこと

店の裏に見当をつけ、車を移動させると、20台以上は停められそうな広めの駐車所がありました

車を停め、お店に向かおうと思いましたが、ぐるっと回って駐車場に来たので、その道を戻ると徒歩で5分くらいはかかりそうです

と、思案を巡らせていると、同じく炭一ラーメンに向かうお客さんが、隣のお店との隙間を歩いてショートカットしていきました

たしかにそこを抜ければものの20歩ぐらいだったのですが、通って良いものかどうか迷っていたので、先客の方に乗じてお店へと

いわゆる、街中華といった店がまえ、ラーメンづくり以外は興味がなさそうなご主人をなんとなく想像してしまいました。

店名そのままの炭一ラーメンを注文

ということで、早速お店に入ります

カウンター8席とテーブル3卓のお店で、カウンターに案内されました

以前は券売機があったようですが、今はご主人に直接注文するスタイルに変わったようです

あまり考えることなく、店名そのままの炭一ラーメンをお願いしました

カウンターにはニンニクおろしや豆板醤といった調味料たち

先客は1人だけ、およそ5分ほどで炭一ラーメンが提供されました

予想通り、見た目はかなり濃い目のスープのようです

濃いめのスープにしっかりと吸い込んだ中細麺

濃いめのスープを中和する役目なんでしょうか、ラーメンには珍しいタマネギが

早速、スープを一口頂いてみます

うん、見た目に違わず、しょう油のしょっぱさが全開のスープです

脂分もしっかり感じられるので、チャーシューの煮汁のようなものがベースなんでしょうか

麺は中細のストレート、しっかりとスープを吸って黒みがかっているのか、それとも店名から想像するに、麺に炭が塗り込まれているのか

口の中に入れてみると、麺がスープを良く吸い込んでいる感じがしました

チャーシューはしっかりと煮込まれているようで、箸で簡単に切れるほど

最初のうちは、少ししょっぱいかなぐらいのスープでしたが、徐々に塩分キツめに感じてくるように

どうやら千葉ブラックの正しい食べ方は、タマネギを追加して中和しながら食べるのが良いみたいですね

富山ブラックも1度しか食べたことがないのですが、千葉ブラックとはスープの味が明らかに違う別物のような気がしました

炭一ラーメン自体は、非常に美味しかったので、次回、機会があればタマネギの追加トッピングを試してみたいところです。

★★ブログランキングに参加しています★★
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
にほんブログ村

クリックされると励みになります!

炭一ラーメン

  • 住所:千葉県千葉市緑区おゆみ野6-27-4
  • 営業時間:11:00~15:00、17:00~21:00
  • 定休日:水曜日
  • TEL:043-293-0359

コメント