津田沼の伝説のすた丼屋で多分匂いが気にならない生姜丼を初めて注文してみました

和食
スポンサーリンク

お盆休みも終わり、この日から仕事再開

午前中に津田沼で仕事を終え、午後からは都内で建物検査仕事

時間的に、都内へ移動してランチするとちょうど良さそうだったので、あらかじめお店をピックアップ

でしたが、予期せぬ出来事が発生し、都内へ移動すると12時過ぎになってしまいそうな時間に

予定を変更して、津田沼周辺でランチできる場所を探すことにしました。

伝説のすた丼を発見したものの、すた丼は・・・

時間は11時少し前だったので、まだオープンしている店はそれほど多くありません

JR津田沼駅から新京成の新津田沼駅方面へと歩を進めていくと、見覚えのある看板が

先日、京成船橋で食べた伝説のすた丼が、津田沼にも出店されていたようです。

京成船橋の伝説のすた丼屋でまだ豚にんにく焼きを食べ切れるのか試してみた
すた丼といえば、大学生時代、国分寺でよく食べていたあのすた丼?と淡い期待を抱きながら入店

こちら、津田沼店はありがたいことに、10時から営業しているようです

店前のディスプレイを見ていると、すた丼を食べたい気分になってくるのですが、この後、人様と会って仕事をすることを考えると・・・

にんにくたっぷりのすた丼を食べたいのは山々ですが、ここはグッとこらえて別メニューをチョイスすることに

とろすた丼やキムチすた丼など、スタミナを付けたいメニューの誘惑を振り切って、今回は生姜丼を食べることにしました

カウンター席が多い店内は1人で気兼ねなく入れます

食券を購入し、店内へ

奥行きのある店内は、カウンター席が多めなので、1人でも気軽に入店することができそうです

食券を若い女性店員さんに渡し、店内で改めてメニューを眺めてみました

しまった、先日の人間ドッグで、中性脂肪の数値が上がっていたため、外食時は野菜を摂ろうと思ったばかりでした・・・

生姜丼ではなく、千切りキャベツがついた生姜ライスにすべきでした

と思っても後の祭りなので、次回は定食に、と反芻しておきます

そんな間抜けな葛藤をよそに、生姜丼が運ばれてきました

ショウガの香りは気になりません

食べ比べたわけではないのですが、おそらく、すた丼とは味付けが違うものだと思われます

パンチのあるすた丼に比べ、生姜焼きは味のインパクトでは劣るかもしれませんが、栄養価の高さは侮れません

夜はすた丼を食べても大丈夫ですが、平日の昼にすた丼を食べられる人はそんなにいないだろう

と、勝手に想像していましたが、後からやって来たお客さんは、結構な割合ですた丼を注文

むー、まだまだ修行が足りませんね

さておき、生姜丼ですが、長ネギのスライスが多めに入っていて良い感じ

早速、一口頂いてみます。

予想通り、にんにくのパンチには劣りますが、甘辛なタレの感じが、これはこれで全然アリだと思いました

パンチはコチュジャンで補強し、辛さマシマシで食べれば、すた丼でなくても個人的には十分満足できる感じでした

完食後、匂っているかどうかは測りかねましたが、すた丼に比べると明らかに後味がスッキリしているので、おそらくは匂っていないのではないかと。

これであれば、今後も仕事中のランチで問題なく頂けそうです

★★ブログランキングに参加しています★★
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
にほんブログ村

クリックされると励みになります!

伝説のすた丼屋 ミーナ津田沼店

  • 住所:千葉県習志野市津田沼1-3-1 ミーナ津田沼1F
  • 営業時間:10:00〜翌3:00
  • 定休日:無休
  • TEL:047-407-2380

コメント