亀戸横丁のやきとりさんきゅうで1本●●円の焼き鳥を堪能しました

和食
スポンサーリンク

小学校時代の友達と久しぶりに会食をすることに

18時に亀戸駅で待ち合わせ、お店に行くことにしました

亀戸といえば亀戸餃子やホルモン屋をはじめ、行列必至の人気店が軒を連ねる場所ですが、今宵は何度か訪問したことがある亀戸横丁へ

この日は、まだ入店したことがない、大衆焼き鳥酒場 やきとりさんきゅう 亀戸本店 へお邪魔しました。

ズバリ店名が物語っている

やきとりさんきゅうは神保町にも店舗があるようですが、お店のウリは店名にもなっている、焼き鳥が1本39円で食べられるといういこと

これまで店舗で食べた焼き鳥で、もっとも安かったのが80円くらいだと記憶していますが、39円は驚愕プライスですね

しかも何かのキャンペーンではなく、いつでもどれでも39円という信じられない値付け

ワサビや明太子乗せなどは、プラス10円で49円とのこと

こうなってくると、一体どんな焼き鳥が出てくるのか、期待と不安が半々の状態に

とはいえ、まずは飲み物を注文することに

アルコール類も決して高くはないので、一体どこで利益を得て経営しているのか、心配になるほどです

まだまだ暑さが続くこの日、生ビールを注文しました

お1人様でも楽しめる横丁

焼き鳥以外の食べ物メニューは、すべて199円とこちらも格安

こんなに安くて大丈夫なのだろうか、と心配してみるものの、お通し300円がまさかの一番高価な食べ物メニュー。笑

この日は切り干し大根ですが、これは割安とは言えない感じだったので、席料だと認識しました

一品料理の中から、冷奴とたたききゅうりを注文

冷奴は普通のものですが、たたききゅうりがガーリックとごま油で和えてあるようで、お酒に非常によく合いました

こちらはセンベロ店のようなので、あまり長居することがないように、焼き鳥を注文することにしました。

注文を済ませると、隣のテーブルには1人で来た若い会社員風の男性が

1人で1日を振り返るのにも良さげなお店ですね、確かに

メインの焼き鳥は意外なほど

焼き鳥は5本盛りというものがあったので、それを2人前、計10本をお願いすることに

およそ10分ほどして、焼き鳥が運ばれてきました

肉が小さいということもなく、気を使ってくれたのか、同じものが2本ずつということではなく、全種類を提供して頂いたようです。

それにしても、これで390円とは、破壊的に安いですね

まずは皮から頂いてみます

意外といっては失礼ですが、上品な感じの脂で、普通に美味しかったです

その後、ぼんじりや砂肝、ねぎま、つくねと頂きましたが、少し小ぶりなこと以外、どこの居酒屋で出しても違和感のない味でした。

都内でこんなセンベロ店があるということが嬉しくなり、ついつい飲みすぎた結果、ニセンベロになってしまったのはご愛嬌です

★★ブログランキングに参加しています★★
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
にほんブログ村

クリックされると励みになります!

やきとりさんきゅう 亀戸本店

  • 住所:東京都江東区亀戸5-13-2 スクエア三報 亀戸横丁1F
  • 営業時間:17:00〜24:00
  • 定休日:不定休
  • TEL:03-6876-1118

コメント