篠崎街道沿いの麺屋五十六で淡麗白湯味の鶏そばを頂きました

ラーメン
スポンサーリンク

以前、濃厚な胡麻味噌担々麺を頂いた 麺屋五十六 江戸川一丁目店 に再訪

瑞江の麺屋五十六で生ハムチャーシューサラダと胡麻味噌担々麺で膨満感に浸る
以前、割烹料理店だった頃は通り過ぎるだけの場所にある麺屋五十六

こってり味の胡麻味噌担々麺と対極にあると思われる、鶏白湯スープの鶏そばを頂くために訪れました

胡麻味噌担々麺はかなりドロっとしたスープだったため、長い間、胃の中で滞留していた感じがしましたが、鶏白湯であればあっさりしているので消化も早そう

そんな思いを抱きつつ、お店にお邪魔することに。

コンセプトは飲めるラーメン屋

注文するラーメンは決めているので、鶏そばを注文する前にビールとつまみをお願いすることに

おつまみメニューから肉味噌もやし、瓶ビールをお願いします

飲めるラーメン屋がコンセプトのお店なので、おつまみ類は価格帯に分類され、意外に充実している気がします

実際、19時過ぎに来店したこの日、つまみながらアルコールを飲み、店主との会話を楽しんでいる方も少なくありません

厨房前のカウンターは5席しかないものの、ラーメンだけを注文する方、飲んでいる方がほどよい距離感で思い思いに楽しんでいる様子

瓶ビールはほどなくして、肉味噌もやしは5分ほどして提供されました

ちなみに五十六さんは店主も若く、女性従業員も地元の知人のようで、若く活気のあるお店です

とことん淡麗を追求した鶏そば

250円という値段ながら、たっぷりのもやしに肉味噌

勝手に小鉢程度の量を想像していたので、ラーメンどんぶりで提供されるとは思いませんでした。

他におつまみを追加しようかと思案していましたが、この量を見て速攻断念。笑

シャキシャキ感の残るもやし、しっかりと味が染みていて美味しい

肉味噌と一緒に味わえば、また違った味わいで良い組み合わせだなと思いました

半分ほど食べ進めたところでビールをお替わりし、一緒に鶏そばをオーダーすることに

店主が一人で調理していることもあり、先に注文したお客さんの料理に時間がかかるため、少々お時間かかりますとのこと

つまみとアルコールがあるので、一向に構いません

15分ほどして、白湯スープの鶏そばが供されました。

細麺の上に、煮玉子、鶏チャーシュー、ワカメ、白髪ネギ、ワンタンが乗せられています

ワンタン?って珍しい、と思っていたら、こちらのお店では自慢の一品のようです

が、ワンタン麺というメニューがあるわけではなく、あくまでもトッピングメニューとして用意されているようです

ということで、早速スープから頂いてみることに

胡麻味噌担々麺のスープとは似ても似つかない澄んだ鶏ガラスープ、まったく違うスープを毎日用意するのは大変だろうな〜

あっさり、すっきりしたスープが絡みやすい細麺を食べ、気になっていたワンタンを頂きます。

鶏ガラスープとワンタン、良く合います

胡麻味噌担々麺や味噌ラーメンのような濃厚なスープと合うかどうかは、良く分かりませんが・・・

鶏チャーシューもサッパリしていて、こちらの鶏そばはとことん、あっさりとした仕上がりになるように配慮されているようでした

飲んだ後の締めとしては、鶏そばがベストチョイスな気がします。

★★ブログランキングに参加しています★★
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
にほんブログ村

クリックされると励みになります!

麺屋五十六 江戸川一丁目店

  • 住所:東京都江戸川区江戸川1-48-1
  • 営業時間:11:30〜14:30、18:00〜24:00(日曜は11:30〜14:30、17:00〜22:00)
  • 定休日:年中無休
  • TEL:050-5596-0942

コメント