芝浦のい奈本は昔なつかしいボリューム満点のランチ定食が味わえる店だった

和食
スポンサーリンク

この日は、午後から芝浦方面で建物検査の仕事があり、その前にランチをいただくことに。

あまり土地勘がない場所ですが、最近カロリー高めな食事が続いていたので、和食系を探してみました。

すると い奈本 というお店で、カロリー低めながら充実した定食が提供されている模様。

早速、お邪魔してみることにしました。

い奈本外観

ファストフードばりの提供速度

最寄り駅からは少し離れた、閑静な場所にあります。

付近には、東京ポートボウルというボウリング場が。

というか、かつてジュリアナ東京があった場所が、東京ポートボウルになったといえば分かりやすいでしょうか。

(かえって分かりにくいという説も・・・)

入口にはランチメニューが掲出されているので、初見でも大体定食のイメージがつきやすいですね。

い奈本ランチメニュー

一通り、入口でメニューの確認をしたところで店内へ。

12時30分という、ランチタイムのピークと思しき時間ですが、カウンター席に案内されました。

あまりお客さんが多くないのかな?と思ったのも束の間、次々とお客さんが入店。

オーダーは入口であらかじめ決めていた、日替り定食を。

注文後、写真でも撮ろうかとスマホをいじっていたら、わずか1分程で定食がやってきました。

い奈本日替わり定食

ボリューム満点な日替わり定食

ファストフード顔負けの提供速度に、驚いて厨房を見てみると、どうやら大衆食堂のように、作りおきしたものを次々と盆に乗せていくスタイルのようです。

なるほど、回転が早いので、すんなりと入店できたというわけで。

ほかのお客さんのほとんどが常連さんのようで、注文に手間取る様子もなく、次々と提供されていきます。

大将を筆頭に、息子さんらしき人たちが手際よくサーブしていく様子、家族ならではのやや乱暴な言葉使いは、下町さながら。

なんてことを気にしながらも、早速日替り定食のラインナップを確認。

メインのサバの塩焼きに、鶏肉とレンコンの煮物。

どちらがメインか分からなくなるほど、煮物の量が多い!

さらにマグロブツ、もやしとワカメのナムル、漬物、ご飯、味噌汁とお盆に乗り切らないほどのボリューム定食。

これで900円とは、かなりのお値打ち価格だと思いました。

意外に温かい定食のおかずたち

つくり置きなので、おかず群は冷たいのだろうと思いきや、さにあらず。

さすがにサバの塩焼きはアツアツというわけにはいきませんが、煮物は大鍋からよそって提供されたものなので、しっかりと温かい。

味噌汁も大鍋で煮立たないように温められています。

まずはサバ塩から、脂が乗っていて美味。

鶏肉とレンコンの煮物は、大きめな鶏肉がゴロゴロと入っていて、やや濃い目の味付けがご飯と良く合います。

マグロブツも美味しく、箸休めの副菜たちもちょうどよい量かなと。

すべてを食べ終わった時には、かなりの満腹感を味わうものとなりました。

今回は日替わりを注文したのですが、好みのおかず3品を選ぶという、まさに大衆食堂的な三品組み合わせ定食というものも用意されているので、機会があれば挑戦してみたいところです。

★★ブログランキングに参加しています★★
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
にほんブログ村

クリックされると励みになります!

い奈本

  • 住所:東京都港区芝浦1-11-11
  • 営業時間:11:30~13:20、17:30~23:00
  • 定休日:日・祝日
  • TEL:03-3451-1647

コメント