今日からすき家で地域限定、期間限定で提供された沖縄もずく牛丼を食べてみた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

この日は仕事がオフなため、午前中に床屋(not美容院)へと散髪に。

1000円カットと美容院に押され、中間価格帯で苦労している街の床屋さん。

1000円カットの方が時間を有効に使えるとは思うのですが、年に3〜4回しか行かない散髪なので、大した時間ロスにもならず。

というか、ひげ剃りやシャンプー、○毛の処理までしてくれるので、自分的には馴染みの床屋がベストというわけで。

散髪を済ませ、本日のランチはすき家へ行くことを決めていました。

というのも、本日より 沖縄もずく牛丼 が販売されるということで、沖縄ともずくが好きな身としては、とりあえず頂いておかなければと思った次第です。

今月末までの期間限定に加え地域限定の牛丼

本日から食べられる沖縄もずく牛丼ですが、7月末までの期間限定に加え、沖縄、東京、神奈川でしか食べられないとのこと。

ということで、一度は食べておかなければと早速すき家へ。

11時過ぎに入店し、沖縄もずく牛丼の並を注文。

伺った店舗では初めての注文だったのか、注文後に店員さんに微妙な間が発生しました。

テーブルには今日から貼られたと思われる、押しステッカーが。

お客さんは私のほかに1人しかおらず、ほどなくして丼が提供されるものとなりました。




先入観がありすぎて、もずく牛丼の実物を見て違和感を感じる

何度か沖縄もずく牛丼のビジュアルを見ていたので、牛丼の上に沖縄もずくが乗せられた状態で提供されるものと思い込んでおりました。

すき家 沖縄もずく牛丼

思い込みって怖いですね、ファストフードのオペレーションを考えれば、別皿で提供するのが合理的なはず。

少し考えれば分かったことですが、ビジュアルのせいで完全に思い込んでました。

せっかくの別添えなので、まずは沖縄もずくだけを食べてみることに。

塩を含んで太く膨らんだ塩蔵もずくとは違い、生もずくなので見た目は細いです。

が、塩蔵もずくとは違い、ブヨブヨとした感じがなく、シャキシャキとした口当たりが心地よく感じられます。

タレには沖縄県産のシークワーサーを使用しているとのことで、ほんのりと香る柑橘系が良い感じです。

一口食べたところで、牛丼の上にかけてみることに。

もずくと牛丼、意外に合うかもしれません

牛丼に乗せたところも写真に収めてみたのですが、サンプル写真とは程遠い、食欲をそそられないビジュアルになってしまいました・・・

牛丼の具ともずくを一緒に食べてみると、これが意外といっては失礼ですが、結構合いますね。

もっとバラバラな味と食感になるのかなと思いきや、良い意味で予想を裏切られました。

味ですが、もともと濃い味付けのすき家の牛丼に、さらに味付きのものをかけたことで、さらにしょっぱくなりました。

もずくとタレを分けて提供してもらえれば、お好みでタレをかけて調整できるため、その方が食べやすいかなと思った次第です。

★★ブログランキングに参加しています★★
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
にほんブログ村

クリックされると励みになります!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする