瑞江のちゃとりかとりでスパイスの効いた日替わりネパールカレーを食べた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

住所は篠崎ですが、最寄り駅の瑞江駅から徒歩5分ほどの場所にある ちゃとりかとり

ネパール王宮カレーが美味しいお店で、ディナーでは何度か伺ったことがありますが、この日は初めてのランチ訪問。

ディナータイムは比較的空いていることが多いのですが、ランチは混雑することも多いようなので早めにお店へと向かいました。

11時15分にお店に入りましたが、どうやら一番乗りのようです。

ちゃとりかとりの店名の由来

店名の由来ですが、夫婦でお店を経営している夫のちゃとりさんと、妻のかとりさんの名前からとのこと。

最近では、本八幡に2号店も出店され、こちらの店名はカタカナでチャトリカトリと変化を付けているようです。

そんなちゃとりかとりさんですが、ランチは月〜土と日曜日で別メニューになるようです。

伺ったこの日は平日メニューだったので、日替わりカレーが注文可能です。

店員さんに日替わりカレーの中身を聞くと、キーマときのこのカレーとのこと。

早速、日替わりカレーをナンでお願いするものとなりました。

辛さが5段階から選べるので、辛いもの好きとしては激辛一歩手前の辛さ4でお願いしました。




提供までには少し時間がかかります

他にお客さんはいないのですが、10分ほどしてミニサラダが到着。

千切りキャベツにコーン、かいわれ大根などを散らしたサラダに、ゴマドレッシングがかけられています。

ディナー時のサラダは、サウザンアイランドがかかっていることが多かったのですが、これはこれで美味しい。

さらに5分ほどして日替わりカレーとナンがやってきました。

おそらく、注文を受けてから焼き上げるナンの焼き上がりに合わせて、ミニサラダが提供されたのではと思われます。

こう言っては大変失礼ですが、こまかい気遣いが嬉しい限り。

料理が提供されるまで多少時間はかかりますが、丁寧に仕事をされている感じが伝わってくるお店です。




スパイスの効いたネパール王宮カレー

早速、カレーの方を頂いてみます。

スパイスの効いたカレーには、針生姜とアサツキが散らされ、生クリームがかけられています。

ちなみにきのこの正体ですが、マッシュルームでした。

たっぷりと入ったひき肉に、マッシュルームの食感が面白い組み合わせです。

針ショウガがカレーの辛味とは種類の違う、アクセントスパイスとなって効いています。

カリっと焼かれたほのかに甘いナンにカレーをつけると、大変、食が進みます。

この勢いなら、1回限りのナンのお代わりもできるのでは、なんて思っていました、この時点では。

しかし、食べ進めるにつれて徐々に満腹感に襲われ、最後はお代わりなんてとんでもない、やっとの想いで完食しました。

途中から辛さのせいか、全身から汗がにじみ出るような感覚もあり、これからの季節にこうしたスパイス系は身体にも良さそうな気がします。

近い内に、再びスパイスを身体に注入しに訪れたいと思います。

★★ブログランキングに参加しています★★
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
にほんブログ村

クリックされると励みになります!

ちゃとりかとり

  • 住所:東京都江戸川区南篠崎町3-4-5
  • 営業時間:11:00〜15:00、17:00〜23:00
  • 定休日:無
  • TEL:03-5666-0146
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする