勝どきのマグロ卸のマグロ丼の店ではオーシャンビューでボリューム満点の丼が食べられる

和食
スポンサーリンク

この日は午後から勝どき方面での建物検査仕事

仕事の前にランチをするために、google mapで付近を捜索していたところ

東京湾の運河を前に、昼だけ営業している マグロ卸のマグロ丼の店 というお店がとても気になりました

実際に伺ってみないことには始まらない、ということでお店に向かうことにしました。

シーサイド食堂

事前に調べたところによれば、仲買が本職なので、食堂運営は素人なので期待しないでくださいとか

地図上の最寄り駅はゆりかもめの竹芝駅と出てきますが、東京湾を泳がないといけないので、勝どきから来てください

など、ユーモアのあるご主人が運営しているみたいで、それもちょっと楽しみだったりしました

お店の指示どおりに勝どき駅から向かい、徒歩10分強でお店に到着しました

気取らない、海の家のような食堂感がすごく良い感じです

こんな場所が中央区にあるなんて、というのが第一印象でした

入口といっても、特に扉があるわけでもなく、オープンスペース状態

券売機でチケットを購入するスタイルですが、その横には大きな写真とともにメニュー看板があるので拝見

マグロ丼やネギトロ丼、中トロだけ丼などが王道だと思われますが、せっかくだからマグロ以外もちょっと食べてみたい気がします

結局、まぐろとサーモン、まぐろの煮付けが食べられる、まかない丼を購入

チケットをカウンターに出し、できあがるとチケットの番号で呼ばれるシステムのようです

ご夫婦と思われるお2人が、調理担当の奥様と、それをサポートする形のご主人とで多くのお客さんをまかなっています。

お店の運営は素人なんで、とのことでしたが、なかなかに息のあったコンビネーションを見せてくれます

ランチタイムでもゆったりと食事ができそうです

12時15分頃に来店したのですが、昼時でもあまり混雑はしないようです

朝7時から営業していることで、朝早くから働いている方たちが午前中に多く訪れているのかもしれませんね

運河を目の前にして座るカウンター席は、格別なものがあります

職場の同僚と思しき方たちも見られますが、一人で運河を眺めながら食事をする仲間の方も少なくありません

一人で食事をしていると、ついついスマホを眺めながら・・・なんてことになりがちですが、こちらのお店ではそうしたことをしている方はいませんね

海の匂いを感じながら、ゆったりと食事をするのにスマホは不要なのかもしれません

そうこうしているうちに、チケットを渡して5分ほどすると、番号で出来上がったことをお知らせされました。

ボリューム満点の新鮮なまかない丼

この日のまかない丼がこちら

おまけでチョロっと白身魚も入っていたりしますが

このあたりは、まかない感満載ですね

ご飯の量が少なめ、普通、大盛りが無料で選べるので、欲張って大盛りでお願いしておきました

結構な深さの丼に、ギッシリとご飯が詰まっています

これは食べごたえがありそうです

ガリは市販のもの、ご愛嬌です

早速、看板のマグロぶつから、言うまでもなく間違いのない美味さです

マグロ煮付けも口の中でホロホロと崩れていく感じ、ショウガの香りが効いています

サーモンも言うことなし、これだけの具材が乗っていて700円なんてコスパ良すぎです

海風に当たりながら美味しい魚が食べられる贅沢、まだまだ試したいメニューがたくさんあるので、今後、勝どき方面での仕事が楽しみになってきました。

★★ブログランキングに参加しています★★
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
にほんブログ村

クリックされると励みになります!

マグロ卸のマグロ丼の店

  • 住所:東京都中央区豊海町3-13
  • 営業時間:7:00〜14:00
  • 定休日:年末年始
  • TEL:050-5595-1265

コメント